2008年02月06日

雷神トレード 200万円からはじめて3年後には年収3500万円稼ぐ方法

雷神トレード 200万円からはじめて
3年後には年収3500万円稼ぐ方法

過去10年間負けなし、平均年利140.6%の売買ルール無料公開中









雷神トレード


 200万円からはじめて
3年後には年収3500万円稼ぐ方法




200万円からシステムトレードをはじめて、3年後には資産10倍増を達成し、年収3500万円以上を安定的に稼ぎ続ける方法があります・・・



これから過去10年間負けなし、平均年利140.6%・・・
いかなる暴落相場でも利益をあげてきた方法を完全無料公開します・・・




過去10年負けなし平均年利140.1%というのは、ある売買ルールに従ってバックテストを行った段階での実績です。2007年は一方的な下げ相場だったため、トレードチャンスがやや少なめでしたが、+115.0%(約2.15倍)のリターンをあげることに成功しています。

私自身、この売買ルール使って2007年はエリートサラリーマンの年収と同じかそれ以上の利益をあげることが出来ました。

そうは言っても、この下げ相場で多額の利益を手にしている事実を、あなたは信じられないかもしれません。
だからこの手紙の中ごろに、儲かる売買ルールだけでなく、特定口座取引報告書も全て公開しました。
あなたが今後トレードで利益をあげていく上で、非常に重要な内容ですので、見逃さないようじっくりと読み進めてください。




あ るシンプルな売買ルールに従っているだけで、過去10年間1度も負けずに、毎年面白いように利益をあげ続けることが出来ます。

多くの投資家が退場を余儀なくされた2006年、2007年の相場においても一緒です。

どんな株初心者でも理解し実践できる、このシンプルな売買ルールに淡々と従っているだけで・・・
どんな一流投資家、プロのヘッジファンド会社よりも高いリターンをあげることが出来ます。
雷神トレード 200万円からはじめて3年後には年収3500万円稼ぐ方法




1998年からの10年間で、マイナスになった年は一度もありません。
それどころか、この10年間で年平均+65.6%というリターンを達成しています。


この2年間、日本の株式市場は大変厳しい相場状況が続いているのは、紛れもない事実です。ライブドアショック以降、新興市場の株には、5分の1、10分の1になった株も少なくありません。

しかし、「10日移動平均から−18%以上下落した銘柄を買って、含み益1% OR 買付から7日経過で売却。」というシンプルな売買ルールに従うだけでも、何ら問題なく利益をあげることが出来ているのです。




実は最近、私はかねてからの夢だった田舎生活を開始しました。

トレード収益がサラリーマンとしての年収をはるかに上回る金額となり、働く必要がなくなったというのが、その理由です。

今思えば2004年末に一念発起して、今のトレードシステムを使用し始めたのが、人生の転機でした。
元手は200万しかなかったにも関わらず、3年で2000万円以上というサラリーマンが一生働いてようやく手にするような資産を手に入れたばかりでなく・・・
年間3500万もの利益をコンスタントに稼げる状態になることが出来たのです。

しかも私が使用しているトレードシステムは、日足を使ったスイングトレードです。デイトレーダーのように1日中ディスプレイに張り付いている必要はありません。

ですから今では、場が引けた後1日に5分ほどその日の株価をチェックして証券会社へ発注を行ったら・・・残りの時間は完全に自由です。

つまり金も時間も、本当に有り余るほどあるということです。


「システムトレーダーとして成功することが出来て、本当に良かった。」

湖のほとりに購入した静かな一軒家で読書にふけっている時など、本当に心の底からそう思います。

しかし、今でこそそんな成功を手に入れた私ですが・・・
以前は相場で本当に苦しい思いをしました・・・

私が相場で3000万円以上の
損失を出した理由とは・・・

正直に告白します。
私は、ITバブルの頂点で株に手を出し、親の遺産を全て吹き飛ばしました。

100万、200万の話ではありません。
親が私に残した現金1500万円に加えて、先祖代々相続してきた土地までも失いました。

評論家といわれる人達の推奨銘柄を盲目的に信じて購入した私が馬鹿でした。

ITバブル崩壊と共に、私の購入銘柄は、来る日もくる日も、5%、10%と値下がりし続けました。

含み損額は、目を覆いたくなる金額に達しましたが・・・
「いつか戻るはず。」「長期投資だから大丈夫。」
そんな期待を胸に、吐き気をもよおす程の辛さを、耐え続ける私がいました。

しかし2001年9月・・・
日経平均が10000円を割れたというニュースが日本中をかけめぐったその日に、「追証」の2文字と共にすべてが終わりました。

追加で用意できる証拠金などあるわけもなく、3000万円強の損失が確定したのです。


私が相場で3000万の損失を出した理由は、明確です。

「儲かる売買ルールを持っていなかったから。」
この言葉につきます。


中小型株を中心として、歴史的な下落相場となっている2006年、2007年も一緒です。

株式評論家や、上昇相場で大儲けした投資家は、皆こぞって、
「この株は優良株だから、長期的に上がるだろう。」とか、「日本株はもうそろそろ底だ。」とか、そういうことを吹聴し続けます。

他にも、「移動平均が上向きの銘柄を買え。」とか、「アメリカ株が強そうであれば持ち越してギャップアップを狙え」とか、そういうノウハウを語る投資家もたくさんいます。


ただ、考えてみて欲しいのですが・・・
誰一人として、その投資手法の有効性について、何かしら明確な検証結果を見せながら説明しているわけではないのです。

つまり、適当な投資手法を話しているのと、何ら変わりがないということです。

3000万円の損失を被った経験のある私は断言します。
そんな曖昧な投資戦略で長期的に儲けられるほど、相場は甘い物ではありません。

2006年、2007年が良い例です。

「そろそろ日本株は底だろう。」
「いくらなんでも、売られすぎだろう。」

そんな軽い見通しで相場に参加した投資家の多くが、瞬く間に投資資金の大半を溶かして、相場から退場を余儀なくされています。

あなたも例外ではないかもしれません。
「売るに売れない塩漬け株を抱えて途方にくれている。」ということはないでしょうか?

ただ、もし今相場で損をしていたとしても、それは決してあなたが悪いのではありません。

「相場で利益をあげるためには、有効性を証明された“儲かる売買ルール”が必須である。」

相場で儲ける上で最も重要なこの考え方を、日本の投資界の人間が誰一人として声を大にして主張してこなかったことが問題なのです。

私のように、明確な検証結果を示しながら、「儲かる売買ルールとは何か。」ということを、誰一人として主張してこなかった事が原因なのです。

だからあなたは、この厳しい下落相場で損をしている自分を責める必要など一切ありません。


3000万円の損失を出した状態から、今こうして安定的に年100%以上のリターンをあげられるようになった私が断言します。

「相場で長期間にわたって儲け続けるためには、有効性が証明された売買ルールが必須である。」
この事について、身をもって体験しただけでも、あなたにとっては、非常に大きな収穫です。

だから、決して諦めることなく、もう一度自分の投資手法を見直し、そして私のように安定して毎年利益をあげる投資家を目指して欲しいと思います。

3年後にあなたが年収3500万円を
稼ぐためにやるべき事とは・・・

あなたがやるべきことはシンプルです。

(1)過去10年分、日本株全銘柄の株価データを検証し、長期的に儲け続けることが出来る売買ルールを構築する

(2)そして、その売買ルールに従って、淡々とトレードする

この2つを実践すれば、あなたも私のように3年で資産を10倍以上にし、年収3500万円を手にすることが出来ます。実際、私はこの2つのSTEPだけで、ライバル達がライブドアショック以降の下げ相場で大損しているなか、ひとりこっそり儲け続けてきたのです。




過去10年間負けなしはもちろんのこと、平均年利で140.6%のリターンを達成しています。

歴史的な下げ相場となり、多くの投資家が退場に追い込まれた2006年や2007年も全く問題なく利益をあげることに成功しています。

それだけではありません、ITバブルが崩壊した2001年、日経平均が7800円をつけた2003年においても、私のシステムでは年利100%以上を楽にあげることが出来ています。


過去10年間の平均年利が140.6%ですから、元手200万円で運用すれば1年後には資金は481万円になります。

そして運用利益には手をつけずに、そのまま運用を続けると・・・
3年後には、200万円が2786万円になり、その次の年の年間の運用収益が3917万円というサラリーマンの年収では考えられないような金額になります。

これは昨今ブームになっている競馬等のギャンブルと大差ないような、過大なレバレッジを活用したFXトレーディングによるパフォーマンスとは異なります。

レバレッジは最大2倍までの活用とし、最大ドローダウンも過去10年間で平均15%未満であり、実際にトレードを執行するにあたっても、全く問題ないトレードシステムです。

実際私は、2004年末から元手200万円で運用を開始し、現在までに合計2263万円(2007年12月現在)の利益を得ています。

現在は元手が2500万となっており、来年の年間の投資収益は3500万円程度になる見込みです。

冒頭で紹介したような売買ルールに、高確率でマーケットの底を捉える指標を組み込むことによって、このようなパフォーマンスを達成することが出来ています。

暴落相場の中でも一人淡々と儲け続けてきた
実際のトレード例を見てください・・・

私のトレード法は、至極シンプルなものです。

「95%の投資家が損をしている → 彼らと逆の行動をとり続ければ、儲けることが出来る」という発想が出発点です。

具体的には、“大衆が恐怖のあまりパニック売りを続けているような相場で、積極的に買いに回って利益をあげる”という逆張り型のトレード法です。


例えば、2007年の8月にサブプライムショックによる大暴落相場がありました。
日経平均株価は1日で700円以上も暴落し、多くの投資家が大損失を被りました。

この相場で、私のトレードシステムは、200万円の元手に対して12%強にあたる24万円以上の利益をあげました。





私のシステムでは一番下げがきつかった8月20日にフルインベストメントの状態になり、その後の反発局面で、合計24万円の利益を確定させました。

しかし、私は相場勘が優れているとか、トレードテクニックがあるために、わずか1ヶ月足らずの間で24万円の利益をあげることが出来たのでは決してありません。

あくまで、過去データの検証作業から判明した、統計的にみて明らかに有利な売買ポイントを知っているから、利益をあげることが出来たのです。

つまり儲かるトレードシステムを持っていたからこそ、1日わずか5分の作業で不労所得24万円を得ることが出来たのです。

「投資で儲け続けるには、システムトレード以外にあり得ない。」
これは、私が3年間、トレード収益のみで生活してきて至った結論です。

もしあなたが望むなら、平均年利140.6%のトレードシステムを手にすることが出来ます・・・

もう一度確認しますが・・・
あなたがやるべきことはシンプルです。

過去10年分、日本株全銘柄の検証作業を行って、長期間にわたって機能した儲かる売買ルールを構築してください。

そして、その売買ルールに従って、淡々とトレードしてください。


この2つを実践すれば、あなたも私のように3年で資産を10倍以上にし、そこからは年収3500万円を手にすることが出来ます。

もちろん、元手が大きくなってくれば、売買ルールに従っているだけで、年収3500万円程度であれば、安定的に入ってきますので、働く必要などありません。

私のように、好きでもないサラリーマン生活に別れを告げて、田舎暮らしを満喫することも十分可能です。


当然、過去10年分、日本株全銘柄の検証作業を行って、さらに有効に機能する売買ルールを自力で構築するには、それなりの労力が伴います。

どう少なく見積もっても、3ヶ月以上時間がかかることと思います。
システムトレードに関する知識や、プログラミングスキルも必要です。

しかしそれをやらずに、感覚にまかせて適当にトレードしていれば、100万、200万と損失を出し、やがてはマーケットから退場させられることになるわけですから・・・
トレードシステムの構築作業をやらないわけには行きません。


とはいえ、大多数の投資家が、自力で有効なトレードシステムを構築出来ないという現実も、私は知っています。

「継続的に儲け続ける方法は、システムトレードしかない。」と知りつつも、自力で売買ルールを構築出来ないがゆえに、裁量トレードを行い、日々損をしている現実も知っています。

私も以前裁量トレードで大損し、食事も喉を通らない程に辛い思いをしたことがあります。

そこで、今回、私が使用している平均年利140.6%を達成したトレードシステムを、あなたに提供しようと思うのです。

私が使用するシステムは、巷に氾濫している検証結果が良いだけの代物ではありません。
私がここ3年間で、合計2263万円の利益を相場から稼ぎ出してきた、実績あるトレードシステムです。

あなたはわずかな作業で、
平均年利140.6%の売買ルールを再現できます・・・

システムトレードで利益をあげる上で、最も肝となる売買ストラテジーが既に提供されているわけですから、あなたがやることは非常にシンプルです。

(1)夜19時以降に、証券会社の無料ツールを使ってスクリーニング(銘柄抽出)を行う

(2)サポートWEB内で提供される突入指数を確認する

(3)証券会社に発注を行う

スクリーニングについては、使用するテクニカル指標、入力する数値等、すべて具体的に公開しているため、通常は3分もかからずに銘柄抽出が完了します。

また、突入指数については、期待できるリターンに応じて、相場状況をA,B,Cの3段階で評価します。
※Aが、もっともリターンが期待できる相場ということになりますが、年間多くとも60日程度しか出現しません。


あなたは帰宅後5分もあれば完了する、この3ステップの作業を行うだけで、年利140.6%を達成することが可能です。

あやふやで不確かなチャート分析など必要ありません。日経新聞をスクラップして、今後の経済動向に思いをめぐらせる必要もありません。

あなたは、私が開発し、マーケットから毎年3500万円の利益を稼ぎ出せるトレードシステムに従って、ただ淡々とトレードしていれば良いのです。

マーケットの世界では厳禁とも言える、“感情”や“感覚”を強制的に排除することによって、労せずして年間3500万円もの現金をつかむことが出来るのです。

あなたのメリットは、労せずして年間3500万円の現金を手にする可能性だけに留まりません・・・

帰宅後5分程度の時間を使うだけで、年間3500万円もの不労所得が手に入ることは、確かにあなたにとってメリットの1つです。

しかし、雷神トレードのメリットは、それだけではありません。
以下にメリットの一例をあげると・・・
(以下はあなたがこの雷神トレードを使用することで享受するメリットですので、熟読しておいてください。)

* 元手200万円でも、1日5分、システムが発するシグナル通りにトレードするだけで、年間約281万円の利益があがるため、時間とお金に余裕が出来る。

雷神トレードは、過去10年分、日本株4000銘柄におよぶ検証作業を経て、有効性が証明された完全なるトレードシステムです。
あなたは、帰宅後に1日5分程度の作業を行うだけで、会社員として得ている給与以上の利益を相場から抜くことになり、これまで考えられなかったような時間とお金を手にすることになります。
* 毎年まるで地方公務員として働いているかのような安定した現金収入が入ってくるため、すぐにでもサラリーマンをやめてトレード収入のみで生活していくことが出来る

私は雷神トレードを使用し始めてから、わずか1年ちょっとで年間の利益が500万円を超えるようになりました。今回、あなたは、私が使用しているシステムと全く同様のシステムを手にするわけですから、同じ結果が手に入る可能性は非常に大きいです。
さらに私のトレードシステムは年ベースで負けたことは一度もありません。
あなたは、わずか1年足らずの間に、年収500万円という30代の平均的なサラリーマン以上の給与を、まるで公務員として働いているかのように安定して稼ぎ出すことになります。
* 売買サイン通りにトレードするだけで利益があがるため、トレード時の心理的ストレスから開放される

98%以上の投資家がトレードする際にストレスや恐怖を感じています・・・ それは、今、買ったらどのくらいのリターンが期待できるのか、もしくはどの程度の損失を被る可能性があるのか。それを把握していないことが原因です。
しかし、雷神トレードを手にしたあなたは、もう心配ありません。過去10年間、日本株4000銘柄において年利140.6%というリターンをたたき出した、確率的にみて圧倒的な有利な売買サインを知ることができるのです。
そして、あらかじめ、リターンとリスクが明確に把握できることによって、トレードに際して、心理的ストレスを感じることが一切なくなります。
* 過去10年分、日本株4000銘柄についての検証結果が付属しているため、自信を持ってトレードを継続することが出来る

雷神トレードでは、システムトレードの肝ともいえる売買ロジックから、その検証結果にいたるまでの全てを公開しています。
また、私のトレードシステムは、ポンド円固定で過去1年分程度の検証しか行っていないような現在流行しているFXトレードシステムとは根本的に異なります。
私がこれまで3年以上実際に使用し、3500万円以上の現金を稼ぎ出している上に、過去10年分、日本株4000銘柄で検証を行っても、平均年利140.6%という驚異的なリターンをたたき出しているのです。
これだけの検証を経ても有効に機能する雷神トレードを手に入れたあなたは、自信をもって売買し続けることが出来ます。
* 過去10年負けなし、年平均で140.6%もの利益をあげてきたような一部の天才プログラマーのみが手にすることが出来る国内最強の日本株トレードシステムを、パソコンに指一本触れることなく一瞬で手に入れることが出来る

あなたが例えエクセル操作すらままならないPC初心者でも、全く問題ありません。
私が使用しているトレードシステムは、30分もあればすべて理解することが出来ます。そしてあなたは、その日から年平均で140.6%という驚異的なリターンをあげてきた、日本最強のトレードシステムを使ってトレードを開始することが出来ます。
* 繰り返せば繰り返すほど儲かる、つまり圧倒的な優位性のあるトレード法を手にすることで・・・突発的なニュースや、突如起こる暴落相場に、一喜一憂するようなことがなくなる

プロのトレーダーとて、5年にわたって勝ち続ける人は、1%もいないのが株式市場です。突発的なニュース等に基づき、適当な自己裁量トレードを行ったところで、勝つ確率はおそろしく低いことなど、誰の目から見ても明らかです。
しかし、雷神トレードを手にしたあなたは、統計的に見て圧倒的に有利な売買ポイントに従って、一切の感情を排除して淡々とトレードすることが出来るのです。
そして、あなたはマーケットから、毎年、毎年、労せずして、普通の給与収入では考えられないような金額を、抜き続けることが出来ます。
* 有効性が全く検証されていない、もしくは過去1年分程度のバックテストしか行われていないような、クソ商材、クソDVD、クソセミナー等に無駄なお金と時間を費やすことがなくなる

過去10年間負けなし、平均140.6%以上のリターンを上げてきた国内最強のトレードシステムを使って利益を手にしたあなたは・・・ 今巷にあふれている情報商材、DVD、投資セミナーで講師が話していることが、いかに再現性がなくクソの役にも立たないものであるか、思い知らされることになります。
そして、本当に儲かるトレード法を知ったあなたは、今後一切そういったクソ商材やクソDVDを購入することがなくなって・・・ その分をさらなる追加投資にまわすことが出来ます。
* 株式関係のブログを徘徊して、色んな投資家の相場勘を見て回るといった無駄な時間を過ごすことがなくなる

株で利益をあげることが出来ない投資家の90%以上が、他人の相場観を参考にしたり、他人のニュース解説を参考にしたりしています。しかし、それをやっているうちは絶対に勝てるようにはなりません。相場観やニュース解説で相場の先行きを当て続けられる人などこの世に存在しないからです。
しかし、私のトレードシステムを手にし、過去の検証結果を見たあなたは、もう心配いりません。統計的にみて明らかに有利な売買ポイントを把握することで、絶対の自信をもってトレードするようになります。
そして、他人のブログを見るという、この世でこれ以上無用なものはないと言える行為を、2度と行うことがなくなります。
* 含み損のストレスから開放され、「株式投資で思い通りの利益をあげられる」という強い自信に満ちた人生を歩むことが出来る

購入した株がことごとく値下りし、莫大な含み損を抱えながら苦しい思いをしている投資家は、かなりの数にのぼります。2006年からパッとしない相場が続いていますから、あなたもそう感じている一人かも知れません。
しかし、もう心配ありません。
あなたは雷神トレードを使うことで、統計的に見て明らかに有利なポイントでトレードを実行し・・・そしてこれまでには考えられなかったような額の利益を手にすることになります。
あなたは、もう含み損に悩まされることもなくなりますし、家族に損をしていることを話せないなんてこともなくなります。逆に、「株式投資で好きなだけ稼げる」という状態が強い自信となって、本当に前向きに充実した人生を歩むことになります。
* 暴落が来るたびに、「今度はどのぐらい儲かるのだろう。」と嬉しくて仕方がなくなる

雷神トレードは、平常時ももちろん儲かりますが、本当においしいのは、暴落相場です。
人々が恐怖のあまり、全てを投げ売るような局面が、最も儲かるのです。
ライブドアショック、サブプライムショックなどが良い例です。
暴落するたびに、多額のキャッシュがあなたの証券口座につみあがっていくわけですから、楽しくないわけがありません。
これまでは、あなたにとって恐怖でしかなかった暴落の2文字が、この雷神トレードを手にした途端、嬉しいものへと間違いなく変化します。
暴落が来ることを願ってください。そして暴落を使って、好きなだけ儲けてください。

儲かるトレードシステムと、儲からないトレードシステムを見分ける2つのポイントとは・・・

今回、私なりに強い決意を持って、この雷神トレードの公開に踏み切っています。

その決意とは・・・
「日本で一番売れているトレードシステムではなくて、日本で1番ユーザーを儲けさせたトレードシステムを、世に送り出したい」というものです。


最近FXシステムトレードがブームであり、世に出ているトレードシステムはFXに関するものばかりです。

ポンド円1年半分のバックテスト結果しかないようなトレードシステムが、“常勝トレードシステム”として、販売されているのが現状です。


システムトレードとは、あくまで膨大な量の過去データ検証作業から導き出された統計的優位性に基づきシステムを開発しているからこそ、利益が出るのです。

にもかかわらず、ポンド円ならポンド円1銘柄のみで、しかもわずか1年半程度の検証しか経ていないようなシステムに、一体何の価値があるというのでしょうか・・・?

事実、そういったシステムの大半は、運用開始後すぐに、これまで経験したことのないようなドローダウンに見舞われます。

そして、そのトレードシステムのユーザーは、決まってこんな言葉を最後に、マーケットの世界を去るのです。
「詐欺トレードシステムにだまされた。結局、システムトレードなんて、儲からない。」

しかし、これは明らかに誤解です。

例えば、4000銘柄にもおよぶ日本株全銘柄を対象に、過去10年分以上の検証作業を経て開発されたトレードシステムでは、運用開始後すぐに、過去の最大ドローダウンを更新することなど、めったにありません。

むしろ、検証作業から判明した明確な統計的優位性に基づきトレードしているわけですから、期待通りの利益があがることが普通です。

事実、私は現在使用しているトレードシステム“雷神トレード”を、2004年に開発し、それ以来3年間、期待通りの利益をあげることに成功しています。

2006年のライブドアショック以降、日本の中小型株は、それまでに経験したことのないような下げ相場に見舞われましたが・・・
私のトレードシステムは、大損し、退場を宣告されたライバル達を尻目に、マーケットから年2000万、3000万という、労働収入では到底考えられないような金額を、稼ぎ出すことが出来ているのです。


だから、この手紙を読んでくださったあなたには、分かってもらいたいのです。
決してシステムトレードが儲からないのではありません。

「少ない銘柄数と、短い期間しか検証されていないようなトレードシステムで運用するのが、儲からない。」のです。

逆に、長い期間、そして1000銘柄以上という幅広い銘柄数での検証作業を経て開発されたトレードシステムは、期待通りのリターンをあげてくれる。
つまり、あなたに、毎年、毎年、安定的な副収入をもたらしてくれるのです。

年3500万円儲かるトレードシステムは、
一体いくらの価値があるでしょうか・・・?

私のトレードシステム、通称“雷神トレード”は、過去10年間負けなし、最大ドローダウン15%未満、年平均リターン140.6%というスペックです。

あなたが資金200万円でこの雷神トレードを実践した場合、3年後に資金は10倍以上の2786万円になり、その次の年の年間の投資収益は3500万円を超過します。

年間3500万円のキャッシュフローを生み出す収益不動産を購入する場合、最低でも2億円はかかるはずです。

事実、私は、2004年にこの雷神トレードを開発して以来、ずっとこのシステム1本でトレードを続けてきました。そして、3年間で合計2263万円の利益を、相場から稼ぎだしてきました。

よって、例えばこの雷神トレードが3年前に100万円で販売されていたとしても、私にとっては安い買い物だったといえます。

しかし、「日本で1番ユーザーを儲けさせたトレードシステムを、私の手で世に送り出したい」という決意を持つ私にとって、価格の高さが原因で、他の粗悪なシステムの使用を余儀なくされ、そしてあなたが損失を被るのは、全くもって本望ではありません。


20万〜30万程度の利益であれば、1度の暴落で簡単に稼ぎ出せるトレードシステムだとしても、実際にそれをあなたに使ってもらって、その品質の高さを実感してもらわなければ、全くもって意味がないと思うのです。


よって、今回私が3年間で実際に2263万円の利益をあげたトレードシステム、通称“雷神トレード”を、125,000円で、あなたに公開しようと思います。雷神トレード 200万円からはじめて3年後には年収3500万円稼ぐ方法
posted by 雷神トレード at 06:44| 年収3500万円稼ぐ方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。